「もっちり麦」で食物繊維生活を始めましょう

健康維持のために食物繊維の大切さが見直されています。日本人の1日の食物繊維摂取量は、目標量である約20gに対して平均で5gほど不足しています。

もっちり麦

ポーションタイプ 420g(35g×12袋) 

機能性表示食品 届出番号:E199

調剤薬局専用商品

504円(税込) 永倉精麦

>>商品詳細


2種類の食物繊維

食物繊維には、水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維があります。この2種類は水に溶けるかどうかだけでなく、体の中での働きも異なります。

理想的な摂取バランスは水溶性食物繊維1に対して不溶性食物繊維2とされています。しかし、一般的に食物繊維が多いとされている食材の大半は、不溶性食物繊維が多く、このバランスは崩れやすいのです。不溶性食物繊維に偏ると、便が硬くなることがあります。摂取バランスを整えるためにも、水溶性食物繊維を豊富に含んだ穀物や海藻類、野菜、果物を意識して取るとよいでしょう。ほぼ全ての水溶性食物繊維は最近注目の発酵性食物繊維※です。

※大腸の中で発酵して短鎖脂肪酸を作りだす食物繊維。一部の不溶性食物繊維も含む。


食物繊維を上手に摂るポイント

摂取バランスのほかに気をつけたいのは、1度の食事でまとめて摂るのではなく、毎回の食事で一定量ずつ摂ることです。ですが、そのために食物繊維が豊富な食材を使ったおかずを毎食用意するのは大変。そこでおすすめなのは、主食で食物繊維を摂ること。大麦や雑穀をごはんに混ぜたり、きのこなどと炊き込みごはんにする方法があります。普段の食生活に合った、取り入れやすい方法を試してはいかがでしょうか。


もっちり麦は「機能性表示食品」です

もっちり麦は、白米の22倍もの食物繊維を含み、特に注目を集めている大麦β-グルカン(水溶性食物繊維)が豊富です。大麦β-グルカンには食後の血糖値の上昇をおだやかにする機能があることが報告されています。原料は一般的な大麦に比べてもちもちした食感が特徴のもち種の大麦を使用し、独自の加工法によって白米にもよくなじみます。おいしく手軽で続けやすい麦ごはんで、不足しがちな食物繊維を補いませんか?